あなたからヒメになり世界を変えてしまいなさい

ヒノモト(日本)からの次元上昇★ククリナオシヒメのヒメゴト・ワーク

【ヒメのボディ・ワーク①】ヒメになるには自分の体の知識も必要。女体のプロによる施術者向け「体の読み解き講座」に参加。そもそも体って?を知ると世界が変わります。気圧変動に弱いのも呼吸が浅いのも…?

f:id:HAMORIx:20200626190404j:plain

ククリナオシヒメ(進化中)です。

 

先日はふだんお世話になっている

体の専門家・奥谷まゆみ氏による 

 

マッサージや整体、トレーナーなどの

体のことをやっている人向け

「体の読み解き講座〜奥谷まゆみの見ている体の世界」

に参加させていただいてきました(╹◡╹)

 

【↓「体の読み解き講座」の詳細はこちら】 

体の読み解き講座 - からだクリエイトきらくかん

  

つまり今回参加した講座は

専門家向けなのですが、

私のようなシロウトでも参加OK。

 

昨年、女体講座に参加して

まゆみ氏が小難しい話はしないことが

分かっているので受講しました。

 

私は体を見てもらっている側なのですが

長年自分の体の問題(特に腰痛・血行不良)

に悩まされてきたこともあり、

体への関心はメチャ強いのです。 

 

苦労したおかげもあり

食・医・体については

 

本当に必要な基本的知識が、世の中の一部以外には知られていない!

 

と感じています。

 

なので今回まゆみ氏に教わった

ポイントをせっかくなのでざっくり

シェアさせていただきたいと思います。

 

カラダを、実は知らないで使っている私たち

 

に氣づくと少し世界が変わると思います。

 

色々やってみているけど

なかなかよくならない。

体のことを知りたいと思う方は

ぜひご一読いただけると嬉しいです。

 

世界を変えるきっかけはじつは

自分の中にある!

 

扉を開くきっかけにしてください(^_−)−☆ 

 

 

奥谷まゆみ氏の体レッスンって?

私の場合は幸か不幸か

20代から始まった慢性腰痛から始まる

体調不良に長年苦しんだおかげで

 

いろんな鍼灸治療院・ジムトレーニング

・ヨガ・ピラティス・整体・西式甲田療法

・均整法・きくち体操・氣功…など

いろいろ試しつつ

自分でも本を読み漁りました。

 

そんな治療遍歴の中で氣づいたこと。

病氣も結局そうなんですが

 

自分の体は結局、自分でしか治せない!

 

です。

 

お医者さんも治療師も治すための

手伝いをしてくれるだけ。

(逆に悪化させる人も)

 

ゴッドハンドの施術師の手で

一時的に体の歪みが取れたとしても

正しい体の使い方を知らないと

そのうちまた同じ歪みが出てきます。 

 

ガンが再発するのと同じですね。

今までの生活習慣がガンを作ったのに

手術をして悪いところを除いても

原因を作っている本人が同じ行動なら

またガンが作られていきます。

 

人によって体と使い方は様々なので

その人に必要な治療とともに

その人の体にあった体の使い方が

必要だと感じます。

 

  • プロに施術を受ける
  • プロに運動や体操を教わる
  • 自分で独自に体改造に取り組む

 

を全部やってきて

残念ながら治らなかった私が

たどり着いた最終結論

 

  • 「自分の体に必要な、体の使い方を知る」こと
  • 「自分の体に必要な、筋肉をつける」こと

 

です。

なので

 

体の使い方の間違いを正してくれてぇ〜

正しい使い方をトレーニングしてくれてぇ〜

歪みがひどい時は治療もしてくれる!!

 

そんな都合のいい先生いないかな〜♪(´ε` )

と思っていたら、なんと隣駅に発見!

 

体のしくみを分かりやすく伝えてくれて、しかもムリなく改善に繋げる方法を教えてくれる!

 

今、一番自分に合うと感じているのが

奥谷まゆみ氏によるからだレッスンです。

 

【↓まゆみ氏・きらくかんについてはこちら】

www.kiraku-kan.com

 

まゆみ氏は本もたくさん出版されており

その道では結構有名な方でした。

 

☆『おんなみち 幸せ体質のつくりかた -恋愛・SEX・出産・子育て- 「おんなのみち」を自分らしく生きるためのガイド』(奥谷まゆみ著/エンターブレイン/2008)

 

なのに私がこのレッスンに出会ったのは

たったの1年前。

 

10年前にこのレッスンと出会っていたら、私の人生どんなに変わっていただろう…

 

と、本当に唇を噛み締めたくなる

思いです…_:(´ཀ`」 ∠):

 

プロは体をどう見ているのか?

講座の始まりから

惜しみなく事の真髄を伝えてくれる

奥谷まゆみ氏。

 

プロは体をどう見ているのか?

をあっさりお伝えしてくれました。

 

骨でも筋肉でも歪みでもなく、

✨体の使い方✨

を見ているのだそうです。

 

まゆみ氏はその人の

体そのもの < 使い方

を重視するのだそうです。

 

例えば

 

  • その人の体が固い、凝ってる

  • なんでこうなった?
  • 体には理由がある

 

と考えるのだそう。

 

  • 体からわかることを分かろうとする
  • 体の中に答えがある

 

と考えているのだそうです。

 

シンプルだけど、真理〜✨

 

そしてその使い方を見る上でのポイントが

 

  1. ヒトとして体が使えているか
  2. 体を使っているか
  3. 本来の用途で使っているか

 

だそうです。

 

ヒトは4つ足仕様の体をムリやり2つ足仕様で使っている!

1、ヒトとして体が使えているか 

 

は、アタマを体のてっぺんに乗せているか?

ということなのだそうです。

 

これがヒトの体が正常に機能する状態

なのだそう。

 

人間は、

本来4つ足仕様の体を2つ足仕様で

使うという荒技をやっているのだそうです。

 

確かによく考えるとスゴい。

 

椅子やテーブルは足が4本あるから

安定しているのであって

2本足の椅子やテーブルは 

危なくて使えません( ;∀;)

 

2本で安定させるためには

ものすごく太くないと!

 

人間はただでさえ不安定な

2つ足で体全体を支えながら

しかも 

 

 

という超・重たい、しかも大事な物を

身体の一番上に置くという、

よくよく考えたらかなり無茶な

最終形態なんですね。

 

動物はほぼ生まれた瞬間から

すぐに立ったり動けるようになりますが

 

人間は生まれてから1年もかけて

トレーニングし、ようやく自分の足で

立てるようになります。

 

庇護なしで生きるためにはさらに

人間の自立には時間がかかるんですね。 

 

そして頭の位置が正しくない

その人の体はものすごく

影響を受けてしまうのだそうです。

 

そりゃそうですよね。

頭が背骨の上に載っていない人は

その分首と体全体で

その重みをひっぱることになります。

 

人間の体ってとてもよくできてて

頭が右に傾いていたら、

頭蓋骨の骨1つ1つから器用に動かして

反対側で上手にバランスを取ります。

 

それが一時的なものなら

体もそのときだけがんばればいいけど、

 

その状態がずっとそのままだと

体はその体勢をキープするために

歪みを固定させてまで

ムリしてガンバッてくれちゃいます。

 

まさに体の痛みは 

自分が作るんですね。

 

痛みはここ使い方間違ってるよ!

のサインなんですね。

 

2、体を使っているか?

ヒトの体はじつは、使えば使うほど元気になる!

というまゆみ氏が教えてくれた

知られざる秘密があります。

 

そもそも人間は動物の一種なので

もともと動くことを前提とした

生き物なのです。

 

昔の人間は特定の部位の

使い過ぎや酷使で

体を悪くすることもあったでしょうが

現代人は明らかに体を使わなすぎ!

 

自ら不調をまねいています。

 

何時間も座り続けて

PCの前から一歩も動かない

 

こんな使い方は

正しい姿勢を作れている人なら

ともかく

 

人間が本来持っている機能を

退化させるばかりです。

 

人間が健康な状態って、体の中の血液が滞りなく体の隅々まで行き渡ること

 

なので、そのためには適度な

運動とその筋肉が絶対に必要。

 

末端冷え性なんかは

本来手先や足先にある

毛細血管が未発達だったりして

血がその部分に届かないために起こります。

 

?万年の人類の歴史の中で

この100年もしないうちに

道路は舗装されて歩きやすくなり

靴は高機能になり、

公共交通網が発達して歩くことが

少なくなりました。

 

それ自体は便利でいいことですが

本当は使うべき筋肉を使わなくなり

正しい体の使い方を忘れた人の体には

弊害も起こっているんですね。

 

昔のようにただ道を歩くだけで

デコボコや石の感触があって

足指1つ1つから全身の筋肉が

バランス良く鍛えられていた昔とは

 

ただ歩くのでも

運動の強度がまったくちがいます。

 

そしてその運動も

頭の位置が正しい場所にあるかで

効果はまったくちがうものに

なってしまうそうです。

 

運動すればいい、のではなく

体が正しく使えていなければ

体を悪くするだけであまり

効果がないのだそう∑(゚Д゚)

 

一昔前まで存在していた

姿勢にとても厳しかった世代

そのことをよくわかっていたのでしょう。 

 

戦前までは家庭の中や地域の

コミュニティの中で誰もがみな

自然に学んでいたんだと思います…(´ー`)

どうして日本はこうなったかな?

 

3、本来の用途で使えているか?

筋肉にはそれぞれ働きがあるそうです。

 

  • 体を支える筋肉
  • 体を動かす筋肉

 

というそれぞれ大きい

役割があるんですね。

 

なのでこれがアベコベになったりすると

本来の動きが制限されたり

血流が阻害されたり、

ムダにエネルギーを使わされて

凝ったり固くなったりします。

 

私の体がいい例で、

本来は体を足を動かしたり

体を折ったりする動作のために使う股関節を

体を支えるために使ってしまうクセ

があります。

 

本来の性能以上の機能を求められた

股関節は周囲を巻き込んでがんばって

ガチガチに固くなり

そのために血流を阻害しています。

 

なので冷え性だし

造血機能がうまく働いてないそうです∑(゚Д゚)

そして冷え性なので体を温めようとして

食べ過ぎてしまう…。

 

確かに私は小学生の頃から全校朝礼で

立ちくらみを起こしてましたし

冷え性で、指先も耳も冷えて

冬は本当に苦手でした。

 

でも体レッスンで股間節を意識

する運動を教わったら

おまたがホカホカしてびっくり。

 

体の不調の答えは、本当に

自分の体の中にあるのだなぁと思います。

 

背骨のラインがすべてを教えてくれる

さて、そんな体の使い方を

具体的に何から見るのか。

 

背骨のラインを見ることでわかるのだそうです。

 

そもそも多少ガサツな使い方をしても

大丈夫な男性の体とはちがって

 

女性は筋肉が柔らかくて骨も細いから、体のバランスをとる難易度がとても高い!

 

しかも月経周期や季節によって

骨盤が開いたり・閉じたりと、

微妙に体のバランスも変わりますしね。

 

首を垂直に立てられているか?

 

が大きなポイントなのだそうです。

 

本人が「垂直にしているつもり」の感覚と

実際の垂直の位置のギャップ。

 

これは実習で3人ずつ並んで

「まっすぐのつもり」で撮った写真に

しっかりと結果が表れていました。

 

誰もできてな〜い!

しかも一人一人まったくちがう!!

 

こうやって他人と比べると

よくわかります。

オンライン開催じゃない

いいところですね。

 

じっさいヨガのレッスンなんかでも

そうなんですが、先生だけでなく

受講者のたくさんの人と比べることで

自分の体がよくわかることがあります。

 

ちなみに首が垂直でないと

 

  • 足が使えなくなる(足が上がりにくい)
  • 股関節が固くなる
  • 気圧変動に弱くなる
  • 呼吸が浅くなる

 

などの問題が起きやすいそうです。

 

そしてそれだけでなく

 

  • 時間の感覚
  • 見えている色のトーンや明るさが変わる

 

ことまであるそうです∑(゚Д゚)なんと!

 

体の使い方で、時間の感覚が変わる?

頭が前に出ている体は思考も前のめり!

 

頭が前に出ていると、まさに

前のめりで、先のことばかり

考えるようになるようです。

 

しかも先を考えて楽しくなるのではなく

不安になるばかりだそう(笑)

 

確かに自分もそうだったかも。 

 

でも頭がちゃんと体の上に来ると

今・ここ・を実感できる体になる!

そうです。

 

腹が据わって、氣持ちにも

余裕が出るんでしょうね。

 

そして目玉を上に向けられるようになると

人生が楽しくなるのだそうです。

 

目玉だけを上に向けられる人

意外と少ないのだとか。

私も以前、注意されました(>_<) 

 

そして見える景色や色のトーンも

見える世界の明るさも

変わってくるのだそう。

 

自分の見る世界の色は

人と比べたりできないので、じつは

みんなと違う色で見てるかも知れない

なんてビックリですよね。

 

でも確かにみんなが持ってる

スマホのカメラでさえ、

同じ被写体を撮影してもそれぞれの

設定で画像の色合いがまったく違うように

 

それぞれ自分に合わせた

フィルター越しにしか世界が見えて

いないのかも知れません。

 

人間の背骨の理想の形って?

f:id:HAMORIx:20210703141048j:plain
 

人間の背骨は

Jに近いS字カーブが理想なのだそう

 

重い頭を支えるため、正しくは

肩甲骨の下あたりで体の上下の

切り替えポイントがあるそう。

 

でも触診でチェックしてみると

人によってポイントはさまざま。

ちなみに動物はCカーブだそうです。

 

私は残念ながらS字じゃなくて

とても珍しいW字だと言われました。

 

そうか、人類から外れてるんだ…。

道理で治りが遅いはず…( ;∀;)

 

今回の学びを生かして

やはり正しく体を動かして 

 

✨美しくなりたい✨

 

正しく体が使えれば

体はムリしなくていいし

当然姿勢もキレイになる!

 

もう若さで勝負できない分、

せめて美しい立ち居振る舞いをしたい。

 

改めてそう固く決意した

ククリナオシヒメでした。

 

奥谷まゆみ氏との出会いにも感謝!

 

 

【↓まゆみ氏のトレーニングや講座情報はこちら】

トップページ - からだクリエイトきらくかん

 

☆『女性の一生に丸ごと活かせる体づくりで変わる産前・産後 マイナートラブルを改善するトレーニングと指導 (ウィメンズヘルスケア・サポートブック) 』

(奥谷まゆみ著/日本看護協会出版会/2020)

 

 

わたしは ヒメ に進化中。

世界も、変わってしまいなさい(*´∇`*)